歯科衛生士になるために

歯科衛生士のための学校

トップ / 歯科衛生士のための学校

歯科衛生士の学校とは 

歯科医院にて、歯科医の補佐的な役割と医療行為、病院においての看護師的な役割を行っているのが、歯科衛生士という仕事です。高校を卒業した後、専門学校や、短期大学など、指定された養成学校へ、3年間通います。卒業をした後、国家資格である試験を受け、合格をして、初めて資格を取得できます。以前は、歯科衛生士の養成機関は2年制のところがほとんどでしたが、平成17年より、3年以上通う必要がある、と改定されました。

秋休みに関する情報