学校と腹痛の関係性

学校で腹痛になる子供たち

トップ / 学校で腹痛になる子供たち

学期

学校でお腹が痛くなる生徒の悩み 

学校でお腹が痛い時にトイレに行くのに抵抗を感じている生徒が少なくありません。大人と違ってデリケートな年頃の生徒にとれば、腹痛でトイレに駆け込むと言う当たり前の行為でも、友達に知られたくないと言う子もいるのです。また、学校へいくとお腹が痛いと言う事態になってしまう悩みもあります。家では何ともないのに、教室に入ると何故だか痛みだすと言うケースもあるので、何らかのストレスで腸が過敏になっていることも考えられます。お腹が痛いと言う症状がまた起こるのではないかと言う不安が、余計にストレスを招いてしまうこともあります。それだけに腹痛でトイレに駆け込むのも、生徒にとっては深刻な悩みにもなりうると言えます。

朝になるとお腹痛いという子。 

子供たちは義務教育である時期は、否が応でも学校には通わなければならないものですが、いじめなどに合っていると、どうしても行きたくないという感情が湧きあがるもので、朝になるとお腹痛いという子供も多いようです。それは親が思うほどまんざら仮病でもないもので、精神的なストレスが強くなると、本当に身体には様々な不調が現れるものです。最近の学校は昔ほど無理やり登校させたりはしませんが、出来るだけ保護者と連携して、こういった事態から抜け出せるようにサポートして上げたいものです。ひきこもり始めると長期化することも多く、いろいろな体験ができないままとなってしまいます。

秋休みに関する情報