学校の秋休みについて

学校ぼ2学期制に関して

トップ

学期

学校の2学期制と秋休み 

"一昔前の学校は3学期制が当たり前でした。1学期を終えて夏休み。2学期を追えて冬休み。そして3学期を終えて春休み。だから秋休みというのは存在しなかったのです。 しかし近年、2学期制を採用するところが増えてきました。これは定期考査のある中学や高校で、考査の回数が減らせることで授業時数が確保しやすいというメリットがあります。履修条件に授業時数が厳しく言われる時代になり2学期制が増えました。1学期と2学期の間に数日の秋休みを設けるのです。ただ、夏休み、冬休みとも学期をまたぐことになって学期間のメリハリがつきにくいということもあり、2学期制のメリットがあまりない小学校では再び3学期制に戻しています。 2学期制、3学期制それぞのメリットを生かしつつ、実態に応じて採用していってもらいたいですね。"

秋休みは必要でしょうか 

学校には秋休みはありません。春休み、夏休み、冬休みはありますので、季節を考えたら少しおかしなことかもしれませんが、3学期制ですので、ちょうど秋には長期の休みを取りにくくなっています。ゆとり教育の廃止に伴って、授業時間が増えましたので、これ以上休みをとるのは難しいでしょう。仮に休みが出来ても、中学生高校生で部活をやっている生徒には、部活の時間が増えるだけにもなります。それでもどうしても学校で秋休みを導入するならば、今でも短くなってきている夏休みを更に削る必要があるでしょう。先生にとってはいいかもしれません。

秋休みに関する情報

新着情報